AIやIoT という言葉は、IT系の展示会やセミナーなどで必ず見かけるくらい浸透しています。歴史あるアプリケーションにもAIを搭載した新機能が見受けられるようになりました。IoT家電などさまざまなものがインターネットに接続され、より便利な生活ができるようになっています。このようなアプリケーションやシステム構築を行うため、使用されるプログラミング言語にも変化が出てきています。
その中でも脚光を浴びているトレンドのプログラミング言語としてあげられるのが、Pythonです。Pythonは文法がシンプルで初心者でも習得しやすく、各分野のライブラリが豊富であることが特徴です。そのため、他のプログラミング言語より短いコードで実装でき、生産性の向上も見込めます。

Pythonを習得することにより、活躍できるシーンは飛躍的に広がります。まずは、AI開発ならPythonというくらい、この分野では利用されています。
また、IoT開発でも幅広く利用され、今後もこれらの開発案件が増加することは言うまでもありません。意外と思う方がいるかもしれませんが、WEBアプリケーションやデスクトップアプリケーションの開発でも使用されています。
生産性の高さから、従来は他のプログラミング言語で開発されていたものが移行されるケースも増えています。数値解析や科学計算などの高度な計算を要する場合や、大量データを扱うビッグデータ分析にも活用されているのです。
このように、Pythonは人気があるプログラミング言語であり、習得しておくと活躍できるシーンは非常に幅広く、ITエンジニアとして働くには押さえておきたい技術の1つだと言えます。